マミヨ Report
                          BGM−夢の続き

Mamiyo を皆で応援しよう

Live & Song

★下の写真をクリックすると大きく見れます。     NO.3     2003.06.10〜2004.03.19


04.03.19下北沢「BIG MOUTH」でのライブ。
ここはMAMIYOの原点とも言えるライブハウスで、デビュー前から何度も開かせて貰っている所です。そんな訳で、久しぶりに新曲抜きで持ち歌の中から最初の頃の懐かしい曲ををピツクアップして歌ってくれました。
ところで今夜はDOK−RIN−GOのメンバーの中の妹分、りんちゃんといつもバックをして貰うBa:KatsuJiさんが一緒でした。
アコステには慣れてないので少し緊張気味のりんちゃんをフォローする優しいお姉さん振りでした。

左上:りんちゃん   右:KatsuJi
04.03.09渋谷「Wested Time」にてイベント名 <パラダイスボーンズinWT2004 vol.2>が有りました。dobbyさんの企画で月一のペースで行われているそうです。
HAAEMとMAMIYOちゃんが組んでのステージや、ユーモアとウィットに富んだMCの dobbyさん、抜群のギターテクやピアニカのユニットDried Bonitoが落ち着いた楽しめる雰囲気の中で演奏してくれました。途中dobbyさんからのプレゼントもあり、何とも暖かくて何時までも居たいと思うライブでした。皆終わった後も朝まで親交を暖めて居た人が多かったそうです。素晴らしい人柄のdobbyさん始め出演者でした。
又、行きたくなるのは請け合いです。

右上:dobbyさん  左下:Dried Bonito
04.02.03六本木「ロサ・フィエスタ」ここはかの地としては静寂を誇る一角に位置するクラブ&ディスコ風な店でした。
洒落たフロアーの周りにテーブルがあり真ん中にステージをレイアウトしている落ち着いた雰囲気でゆったりとしたカウンターバーがありました。
しかし演奏が始まると何ともすごい盛り上がりになりこの静寂の地を突き破るのではないかと思われた。そんな勢いでペースが上がっていきました。
MYU COLLと題したイベントはMAMIYOちゃん、美勇士、MEISM他5バンドで構成されました。それぞれが持ち味の違ったBANDです。
このブッキングで競争の様に演奏されたらたまりません。
最後には出演者全員がステージに上がり燃える合唱。お酒を飲まなくても酔っ払ってしまう雰囲気でした。 演奏の素晴らしさは言うまでもありません。
美勇士の母であるアンルイスさんもアメリカから駆け付けてくれてやさしい母親ぶりを見せてくれました。

右上:美勇士、左下:JUNJI:、右下:ゆうこ(MEISM)
04.01.10下北沢「BIG MOUTH」で今年初めてのライブがありました。
約一年振りの場所です。ここは田井さんご夫婦が経営している下北のHOTなライブハウスです。MAMIYOちゃんの故郷みたいな処で他のミュージシャンも同じように楽しく集うところです。
さて今年最初の歌い初め。@ROBOTで一緒にパーソナリティを担当するHAAEMのユーヤさんKanchangの二人と斉藤たかしさんとでスタートを切りました。
途中MAMIYOちゃんのハッピーバースディも盛り込まれケーキのろうそくを吹き消す儀式が楽しい笑いの中で行われました。本当は1月16日ですから6日早いお祝いです。最後の大樹さんまで聞き応えがありました。
終了後はMAMIYOちゃんがケーキを切ってファンの皆さん方に渡していた麗しい光景が目に入りました。僕も頂きました。美味しかった。
「MAMIYOとHAAENの@ROBOT」も隔週に決まり、19日が次回の放映です。すぐに毎週になるような気がします。そんな「勢い」を感じました。

撮影:田井飛香さん
3・12・22「下北沢CLUB251」での今年最後のライブ風景。
本日のライブで三番目に登場した山田淳氏のギターに乗って歌いました。
その後にMAMIYOちゃんが登場し、前述の山田淳の激しいギターにうまくソフトにしかも強く合わせて箱いっぱいのファンを沸かせ、飲み物類は飲み放題だったのでファンも酔いも手伝っているので余計に暖かく燃え今年最後にふさわしいライブでした。時間よ止まれ!と皆思いました。
又、来年も活躍してくれると思います。期待しましょう。

Gt:山田淳
3・12・11原宿クロコダイル」の一夜。
この夜純白の衣装を衣った天使の歌うたいが東京の街に降りて来た。
オープニング・アクトの「りんちゃん&矢口バンド」がMAMIYOカバーを3曲歌い終わった時はすでに会場は白熱していた。MAMIYOちゃんのステージは歌もMCも絶好調で場内は熱気で包まれた。
手拍子や掛け声が絶え間なく飛びステージと客席が一体となり声の調子もいつもに増して艶やかで総てが盛り上がりました。一転バラード調の曲に変わるとあたりは静まり返り皆聴き入っていた。
伸びのある歌声がファンの心に心地よく沁み込むようでした。
今年のMAMIYOライブの中でも一番と言っても過言では無いだろう。
純白の天使さん、癒しと活力をくれて本当に有難う。
Per:斉藤たかし
3・10・14「四谷天窓」にて。朝から冷たい雨が降り鬱陶しさも感じられたがライブハウスの中は熱気で暑いくらい。椅子席ながらカウンターでバーボンの水割り飲みながら聴きました。MAMIYOちゃんは此処は三度目?だったかな。三線、ハーモニカ、ピアニカを駆使しながら進めて行きました。相当練習ししてるんだろうな、結構上手になり感心します。例の張りのある声は良く響いてました。
この日は美勇士(アンルイスと桑名正博の息子)も出演しましたが、さすが音楽のサラブレッドだけの事はありました。MCのしゃべりも外人特有の乗りがいいですね。彼もMAMIYOちゃんを気に入った様でリハの時親交を暖めたらしくCDも買ったそうです。顔はアンルイスそっくりさん。また対バンがあるかも知れません。
Gt: 遠山哲朗   (左下:白帽は美勇士)
3・9・04新宿「紅布」(redcloth)ライブ。チャイナ風の異国情緒があふれる箱でした。MAMIYO ちゃんも雰囲気に合わせてチャイナ風な衣装で登場。オープニングは三線で「夢のつづき」から快調にスタートし、新曲「太陽とひまわり」が披露(これ初恋の事なのかも?)されました。バックも洗練された音作りで、これぞプロという演奏ですBa:KatsuJi、Gu:菊池の力強い弦に、Sax:荒井、cho:Kayoのやわらかさ、Key:大平の爽やかさ、そしてクールに叩いてたDr:斉藤が最後は久々に目一杯叩き盛り上げるのはさすがです。皆ハーモニーを大事にしてMAMIYOちゃんの歌を支えるすばらしいクルーです。澄んだパンチのある歌声がすべてスタンディングのフロアーをぎっしり埋めた超満員のファンを魅了しました。
全員写真・(注)一番左に大平剛、氏が居るのです。
3・7・16「新宿GOALIE」でのライブ。先月もやりましたので都合2回目のライブです。今回はKey大平剛さんに代わりました。彼のサウンドは何とも言えない素敵で絶対おすすめ。
さて今夜は2組ですのでじつくり、ゆったりした感じでMCの時間いっぱいあり、楽しく面白しエピソードで盛り上がりました。「夢のつづき」では「三線」を今度の猫オブニバスり中の「リリー」ではピアニカを聞かせてくれました。結構上達したようてした。MAMIYOちゃんが最後なので演奏終了後からは会場内でファンとの交流がありました。
写真 上右・Gt:遠山哲朗、下左・Sax:荒井裕子Cho:Kayo、下右・Dr:斉藤たかし
3・6・25「新宿GOALIE」でのライブ。新しくオープンしたライブハウスです。大勢のMAMIYOファンが集結して熱い声援送ってくれて大盛況でした。とっても良かったです!
7人編成だとさすがにステージも狭く感じられます。「罠」に始まって「君の傘」では三線を「夢のつづき」では「ピアニカ」を披露してくれました。全7曲ともすばらしかったです。
他のバンドがアップテンポで大音響で叩いていたので、余計しっとりした感じでした。MAMIYOちゃんの透き通った声はいつ聞いても癒されますね!
写真 右上・Gt:遠山哲朗  左下・Sax:荒井・Bas:KatsuJi・Cho:Kayo 
3・6・10「下北沢440」にて。この日は予約にもかかわらず入場のために大勢並び、そこここから、ライブでこんなに並んだのは始めて、なんて声が聞こえて来ました。入場に手間取り予定の1時間以上たってやっと開演でした。全部椅子席の落着いた雰囲気のライブハウスでしたが立ち見も多かったです。
MAMIYOちゃんはOpening,actとして真っ白な衣装で登場。いきなりハリのある声が会場に響きました。4曲歌い次のバンドに引継ぎました。最後に「HIKARI」ゲストシンガーとして「対バンの「酒井ミキオ」の持ち歌をテュオで歌いました。HIKARIさんも元々知合いの間柄なのですが、改めてMAMIYOちゃんの声量とパンチ力にビックリしてました。
写真 左下・Bas:KatsuJi  右下・Sax:荒井・Gt:秋元
 

Report 最新ヘージーへ

                Jump
              
Report-6・・・・2005.01.07〜2006.03.15(17ライブ)
              Report-5・・・・2004.08.17〜2004.12.24(10ライブ
              Report-4・・・・2004.03.30〜2004.08.09(10ライブ
              Report-3・・・・2003.06.10〜2004.03.19(11ライブ
              Report-2・・・・2002.09.13〜2003.05.21(18ライブ
              Report-1・・・・2001.09.29〜2002.08.04(10ライブ

                                     ページTOPへ