マミヨ Report 
                           BGM−夢の続き

Mamiyo を皆で応援しよう

Live & Song

★下の写真をクリックすると大きく見れます。      NO.6   2005.01.07〜2006.3.15      

06.03.15渋谷「7th Floor」でのアコースティックなライブ。
最後に登場のマミヨちゃん、白のレース風衣装にこれまたラメがちりばめられた白いカーディガンの清楚なイメージはその歌声と共にここのステージにとても良く似合う。一番好きな箱での演奏らしく楽しそうでアットホームな感じがした。
私が勝手につけた副題「''春一番''わぉ☆」らしくこれから花が咲き乱れるのを予測するような温かさだった。
バンドのGt:吉田拓也、Kye:渡邊一郎、Ba:柴田雄三との掛け合いもますますフィットして来て楽しめる。今夜は久々にアコーディオン奏者の旧友DANさんとの共演もありました。

曲目 1.夢のバス 2.マーブル 3.シネマ 4.花・咲かせてあげましょ
    5.ラリララ 6.理由(with DAN)
写真 下段左はDANとの共演  右Gt:吉田拓也
 6.02.15渋谷7th Floorでのアコースティックライブの様子。
今回はおnewピアニカのお披露目と、久々のピアノ弾き語りは圧巻でした。何もコメントは要りません。とっても素適でした。すべては写真をご覧頂ければ伝わると思います。

曲目  
1.おやすみ  2.夢のバス  3.リリー  4花・咲かせてあげましょ
5.砂のお城(ピアノ弾き語り)

Gt: 吉田拓也
6.01.22新宿「NAKED LOFT」。今回は「やらNight」シリーズの一周年記念の第5弾「新年会やらNight☆」です。気心の知れたアーティスト仲間が集まり楽しいイベントになりました。赤に花柄の衣装で登場したマミヨはただステージに上がるだけで会場をを明るく照らしてくれる。しかもホストとしてファンや参加アーティストにも気配りが行き届いてる。
プレゼント大会もあり、マミヨからはワインやバカラのカード入れ、それと今日誕生日のファンの為にバースディソング゙まで歌ってくれる優しい思いやりは感激物した。
告知の中で3月にはいよいよミニアルバムが全国発売すると発表があり楽しみです。2枚に分けたいくらいにとてもよい出来だそうです。
恒例のメンバー紹介では「今度生まれ変わったら何になりたい」との題で各自、面白トークで笑わせました。苦楽CAR'の司会も楽しく、たかし君はマミヨ以外にも飛び入りでカホーンを叩き大活躍でケンゾーは大きな声で盛り上げてました。次回のやらNight☆は4/30だそうです。
曲目
1.マーブル 2.ワンダーランド 3.花・咲かせてあげましょ 4.夢のバス    5.ラリララ   アンコール曲:トラベラー 
Per:齋藤たかし、Gt:吉田拓也、Ba:柴田雄三、Key:渡邊一郎
5.12.01今夜は音楽総合配信社「JET ROBOT」主催でLive & Cafe 「JET ROBOT」のオープニングパーティーでした。出演者はマミヨはじめ、橋本はじめ、鎌田ひろゆき、カン・ハーエン、和田多門ほかJET ROBOTゆかりのメンバーで盛大に行なわれました。竹下通り近くでガラス張りの瀟洒なビルの1Fです。昼の竹下通りは人の頭で真っ黒ですが今夜の「JET ROBOT」も黒山でした。マミヨは「夢のバス」「マーブル」他を熱唱しましたがその時は多くのファンが前に詰めてフロアに直に座り込んでの声援でした。終演後はその場で打ち上げになりマミヨ姫はワインを沢山召し上がり妙に色っぽくマーブル模様になっていたそうです。
上段  マミヨ
中段  マミヨ、橋本はじめ   
下段  カン・ハーエン、店内風景
5.11.09渋谷「7th Floor」。ここは歌で知られた古くからの歓楽街円山町。最近はライブハウスがたくさん進出し若者の町に変容。7階の窓からネオンが点描する落ち着いたテープルセットの空間。そこに輝くばかりの純白の天使がグレートアップして帰ってきた。
クラブかと思えるワイングラスがお似合いの雰囲気が、“魔カクテル”片手のマミヨがトリで登場と共に一変、会場は一気に爆発した。あっと思って振り返り見回すといつの間にか客席は超満員。
体調万全で自信に満ち溢れた歌声は一段と張りと艶を増し豊かな声量に裏打ちされて会場を包んだ。「夢の続き」で始まったステージは誰かが言った「抱きしめたくなっちゃうくらい可愛い衣装と笑顔」に楽しくて軽妙なMCや、いつものお題付きメンバー紹介で最高潮に達し爆笑の渦でした。
新曲の「夢のバス」「ワンダーランド」はアップテンポの明るい曲想で楽しませてくれた。喉の調子が完璧な楽しくて心に沁みる本物の「癒しの歌姫マミヨ」が帰って来た。曲目は他にマーブル、花・咲かせてあげましょう、心の花束、の全6曲でした。バンドもビバビバ最高!
バンドメンバー
Per:齋藤たかし、Gt:吉田拓也、Ba:柴田雄三、Key:渡邊一郎
5.10.21新宿「NAKED LOFT」今夜は三カ月に一度のやらnightシリーズで今年の最終章「お月見やらNight☆」てす。ステージは七川 礼位、和田 多門、カナデヤと進行してその間お笑いタレントが何組も入り、苦楽CARの軽快な司会で雲間に隠れてたお月様もちょこっと覗き見するほど盛り上がってました。最後に「マーブル」でマミヨ登場。ステージは満員の客席のマミヨコールに後押しされて最高潮に達しました。
メンバー紹介では、各自マイクを持って秘話?を披露。マミヨはキャンプでの救急車騒ぎで笑わせました。肉?ネギの話としておきまょう。たかし君は「君の傘」の時にピアニカのカバーのギザギザを利用してボールペンのキャップでこする「ピアニカギロ」と洒落を利かせ、これが又結構いい感じでした。
最後には通りとの境をとりはずして、カフェテラス風になり、アンコール曲の「理由」の歌声ががライブハウスから新宿の街へそしてお月様へ届けとばかりに響いて行きました。
曲目 1.マーブル  2.シネマ 3.君の傘 4.ブルーチーズ 
  5.花・さかせて上げましょ  6.ラリララ  7.理由(アンコール)
5.09.25新宿「NAKED LOFT」。THE LATERS主催の「アンプラグドNAKED LOFT」
あたたかい雰囲気の中、出演者も元々マミヨの音楽(飲み?)仲間ということもあってお祭りのように楽しい空間でした。新しいバンドもかなり良く今後のライブが楽しみです。楽曲では「シネマ」がいい響きをかもし出していました。この曲はライブの定番曲になるでしょう。 
(出演)  THE LATERS/太田朝子/マミヨ
(バンド) Ba:柴田雄三、Gt:江尻安太郎、Kye:渡邊一郎
(曲目)
  1.夢の続き  2.マーブル  3.シネマ  4.トラベラーズ
  5.花・咲かせて上げましょ  6.ラリララ

写真提供:  岡本克巳氏
5.09.16渋谷「ruido-k2」でのライブ。今夜は年1度の記念ライブ。
彼女が小学生の時に天国に逝った兄を思って書いた「一番星」を歌う日なのです。そう兄の命日なのです。彼女曰く「兄は天国に行ってしまったけど、いつも私を見ていてくれてるし、私はいつでも一番星を見れば兄を思い出せる☆悲しいとかじゃなくて、どっちかいうと私が今この曲を歌える事が幸せに感じます。」
やっと最近になって淡々とこの歌が歌えるようになったとか、仲の良い兄妹だったのでしよう 。思いは切ないが、ライブはトリで大盛況でした。
「一番星」の1節より
♪・・・気が付けば   あなたは9月の風にさらわれてしまった
  夕日が沈む街に  一番輝く星はあなたでしようか?
    ありがとう    今も私を照らしています・・・♪

Gt: 吉田拓也   Ba: 柴田雄三
5.09.02「下北Basement-Bar」でのライブです。ビッグマウスに程近い場所にありますが、マミヨは始めての箱でした。 最初は雰囲気を作るのにちょっぴり取り付き難かったようですが、そこは手馴れたものですぐにトツプギァにシフトチェンジ。新しいバンドとも二度目となりすっかりマッチングしてました。やわらかいウッドベースやGt、& Keyとも調和し新しく進化したマミヨが垣間見れた。
それにしても表情がとっても良くて益々いい顔のマミヨでした。
曲目は 1.夢の続き 2.マーブル 3.トラベラーズ 4.花・咲かせてあげましょ 5.心の花束 6.ラリララで最後は皆で大合唱でした。
5.07.21「新宿ロフト」のレポ記。
ここは新宿歌舞伎町。隣りは新宿コマ劇場。ご存知日本一の繁華街。今夜はここに大きな祭りがやってきた。それは「夏祭りならNight☆」!!
マミヨはじめ豪華なバンドの汗まみれの共演とお笑いタレント達の芸に酔いしれる空間でした。ここはまるで花火大会なのか?と思うばかりの熱気に包まれた演奏でした。それは夏空に大輪の花を咲かすスターマインのようだった。派手やかな残像がいつまでも心に残りそう。火炎(ハナビ)時雨の余韻とともに。熱かった!
近々に写真集にて詳しく報告します。それまでお待ち下さい。

上段 : マミヨ、
中段 : DOKU-りん-GO、斉藤たかし
下段 : KatsuJi、吉田拓也
5.05.31渋谷「Wasted Time」でのライブレボートです。
この日は雨も降らずに、いよいよマミヨ、晴れ女に変〜〜身!!
出演者は hiroshi /takami/マミヨ/DriedBonito のブッキングでした。
20歳のhiroshi君の青年らしい実直な歌声もすばらしく、つづくtakamiさんの爽やかなギターに乗った軽やかな、思わずハミングしてしまうような歌声も素適でした。
さて、マミヨ登場。1.夢のつづき(三線)2.願い(ハモニカ)3.マーブル(ピアニカ)4.おやすみ(ピアニカ)5.トラベラー 6.心の花束(三線)と色々な楽器を駆使して、吉田拓也のギターに乗って爆発しました。
前の二組が爽やか路線で静かな空間でしたが、マミヨの出番になると客席もほぼマミヨファンだった為、俄然活気付いて声が掛かり騒然。それに負けじと圧倒的なパワー全開で歌いました。
タイでの曲「TRAVELERS」のモデルでもある「ゆきちゃん」も応援に駆けつけてくれました。

写真提供:  岡本克巳氏
5.04.02「新宿NAKED LOFT」でマミヨ企画「お花見やらNight☆」が行われました。今回は「やらNight☆」シリーズ第二弾です。
出演者もナカマコフ、IN-HI、808、マミヨと豪華メンバーに加えMCもお笑いコンビで「やらNight☆」限定ユニット苦楽CAR(斉藤たかし&ケンゾー)でした。
マミヨちゃんはトリの出番で新曲「ラリララ」を披露、客席も全員で歌い、あのマミヨブォイスもかき消される熱気に包まれました。
打ち上げは珍しいことに、この場所でレイアウトを直しアーティストとファンの楽しい交流会となりました。 詳細はマミヨ写真集をご覧下さい。
写真  上段 : マミヨ ・ IN-HI
     下段 : 808  ・ ナカマコフ
5.02.10渋谷「PLAG」でのParadise Bones Vol.24のイベントです。
今回はDobby/マミヨ/808の共演に加えバリダンスあり、客のテキーライッキ飲み&ダンス大会もありMCには吉本興業のスライスラインも大いに笑わせて超盛り上がりました。
マミヨちゃんと吉田拓也のコンビもイッキに盛り上がり、皆歌に酔いしれ酒に酔いしれる一夜でした。
5.02.04「池の上BobTail」ここは5回目となるが昨夏以来久々です。
今回はマミヨ / 井関由有子のブッキングです。まずは井関由有子率いる女性三人のバンドでスタート。バルバラの曲に自分のオリジナルの詩を乗せて歌うスタイル。やわらかい声と優しくシャープな詩は余韻がのこり記憶にすんなりセーブされます。Pfも女性には珍しい力強いタッチで、accoもバルバラの雰囲気を捉え、街角のカフェかセーヌ川のほとりを彷彿させるようで、全体におシャレなバンドでした。

さて、いよいよマミヨちゃんの登場。黒いソフト帽子を粋にカウボーイ風に気取って、「おやすみ」からバンバン飛ばしました。次の「マーブル」で例のハットの本出番です。この曲のために調達したそうな。粋でしょ?今夜のテーマは「失恋」でしたが最後のピアノ曲「お月様が泣いた夜に・・・」では激しい感情移入があり思わずもらい泣き。他は、朱色の真珠、ビー玉、願い、花・咲かせてあげましょう、トラベラー、理由、で心に響く全9曲でした。両バンドともゆったりと聴け心が和むいいライブでした。

写真提供: 岡本克巳氏 & 井関由有子さん
5.01.28「渋谷Wasted Time」でのライブです。ギタリスト吉田拓也との息の合ったコンビでした。他出演は花枝聖/日比康造でした。

写真提供:  岡本克巳氏
5.01.14「下北沢BIG MOUTH」手馴れた箱でリラツクスムードの中♪それは夢か幻か♪〜♪で幕を開けた。今夜は久しぶりの曲とか初めて披露する曲を中心の構成。可愛らしい「ビー玉」に続き久々「旅空」を聴いた。赤い照明に変わり吉田の指引きギターでしっかりしたクラシック奏法の伴奏に乗ってあの「旅空」が久々蘇った。マミヨ特有のスキャットも心地よく聴かせてくれた。
続いて「ヨマミ」の曲、これはある小学校にプレゼントした「神様が呉れた宝物」、明るいハーモニカで子供達も元気が出るだろう。次は「逢いに行こう」吉田の指引きとピアニカの響きとスキャットが一体となっていい雰囲気がかもし出された。
それから新曲「トラベラー」、最後に絶好調のこれまた新曲「マーブル」で幕をとじました。珍しい曲が多く全7曲とも新鮮で内2曲は「お初」のお得なライブでした。
ギター1本でパーカッションもこなしサンバ風にアレンジする大樹君もいつものようにハッスルプレーと大人の詩で盛り上がりました。
5.01.07ここは新宿NAKED LOFT。マミヨ企画新春初ライブ「新年会やらNight☆」が行われました。70年代のアメリカを彷彿させるウッディな洒落たお店です。地上1階のオープンなカフェスタイルで通りがかりのお客さんも気軽に立ち寄ることが出来る。さて、ライブはそんな新宿の喧騒の中、立ち見でごった返す満員御礼となりました。
呼び物の一つMCの「苦楽CAR」は何とDrのタカシ君+αの即席ユニットでビンゴ大会。そこでは熱い男同士の抱擁やDVDのフレゼント等々盛大に盛り上がりました。
オオトリでマミヨちゃんが登場。マーブル、トラベラー、花咲か、理由、など熱唱しました。中でもリリーでは猫の鳴き声が入るサビの処でタカシ君が江戸屋猫八張りの盛のついた猫まね連発で会場大爆笑。これには当のマミヨちゃんも曲間に「も〜っ、一番いいトコロなのにぃー!」と苦笑い。でもアッパレな企画振りでした。(写真の背景は一風変わったウッディな音響空間)

レポーター: 岡本克巳氏


Report 最新ヘージーへ

                Jump
              
Report-6・・・・2005.01.07〜2006.03.15(17ライブ)
              Report-5・・・・2004.08.17〜2004.12.24(10ライブ
              Report-4・・・・2004.03.30〜2004.08.09(10ライブ
              Report-3・・・・2003.06.10〜2004.03.19(11ライブ
              Report-2・・・・2002.09.13〜2003.05.21(18ライブ
              Report-1・・・・2001.09.29〜2002.08.04(10ライブ

                                      ページTOPへ