マミヨ海外放浪記    
                                                黒いでしょ〜♪BGM−君の傘

     マミヨ Holiday in Thailand

                          2004’11月のことでした。

HOME/Biography/Discograpy /Schedule/BBS/Report/slide/Kashi/Link/LIVE

★写真をクリックすると拡大表示されます。(一部除く)

はじめに・・・・

何となく、ただ何となく知らない世界が知りたくて・・・何となく、ただ何となく毎日が同じじゃつまらないから・・・
という訳で日本を飛び出しちゃった! それも直前まで行き先が決まらない慌ただしさで。
さて、初経験は色々ありました。私の初海外珍道中どんなだったか報告しまーす。 みてね♪




 


4.11.6(土)出発の日

今日からタイへ行くというのに、なぜか朝まで部屋の大掃除をしてしまった…。

一睡もせず。いざ成田空港へ!必要な物は向こうで買おうと、ちっちゃいリュックちっちゃいギターだけ持ってタイへ旅立ったのだった〜! 

・・・それから・・・

着いたのはもう夜。1日目はバンコクのスクンビットという街に泊まった。欧米人ばっかりのにぎやかな街で、まだタイに来たんだーっていう実感にはなれなかったなぁ。

・・・そして夜の街へ・・・

夜の屋台をちょっと探索。虫を炒めたスナックみたいのが屋台に売ってて「ゲッッ!」。おばちゃんがつまんでるのは、私の一番嫌いななんかの幼虫・・・(>_<)  

         
  ゲッ!幼虫だ!                  夜の屋台風景と食べ物
        
いかんいかん、こんなんで驚いてたらこの先生活できない!!

・・・でもね・いつもの私に戻って・・・

さっそく食べ物は超私の口に合いました♪何食べてもおいしい〜!それに安い!!物価が安いとは聞いてたけど、2〜300円あったら、結構な量飲み食いできるのねっ★






4.11.8(月)ワット・アルン&ワット・ポー めぐり!

3日目にカオサンという街に移動した。カオサンはなんとなく匂いが下北に似てるな。スクンビットより断然こっちの街の方が好きー\(^0^)/

カオサンの近くから出てる水上バスに乗って、ワットめぐりへ!

まずはワット・アルン。おっきい塔が建っててすっごいきれいな建造物だった〜。塔の前で結婚式が行われていた。こんなとこで結婚式って、神秘的でいーなぁ…。


ワット・アルン


塔の前で

結婚式も



その後はまた水上バスでワット・ポーへ移動。ここは有名な寝ブッタがある。デカさにびっくり!大きすぎて顔しか納められませんでした


水上バス

涅槃ブッダ

ワット・ポー

高速ボート






4.11.9(火)バーベキューでレセプション

4日目、タイで働いている日本人の知り合いに、会社のバーベキューにご招待していただき遊びに行ってきた♪場所は会社で借りてるマンションらしく、みんなそこに住んでるらしい。毎日が楽しそう〜!!

一杯いかが?
    
イェーイ!                皆さん 






4.11.12(金)パフォーマンス・タクシー

この派手なおじちゃんは、カオサンで有名な自転車タクシーの運転手。ど派手な飾り付けの自転車に陽気な音楽をガンガンかけて近隣を走ってるの。カメラを向けたらわざわざ自転車止めて、ポーズとってくれたよ♪

      
      自転車タクシー     

・・・何とまあ!・・・


カオサンを何気に歩いてたら、下北の友達二人とバッタリ!こんな異国の地で会えるとは・・・。一人でずっと寂しかったんだよぉ〜(>_<)一人だと怖いから夜は出歩けないし・・・。(そんなかわいらしい事思ってるのは、最初だけだったけどー。)






4.11.14(日)ドミトリーに宿泊

この日宿泊先を変え、今までシングルの部屋ばかりだったのを、ドミトリーという何人か同じ部屋で寝泊りするゲストハウス「Traveler’s Lodge(旅人食堂)」へ!(写真はそのロッジの1Fの食堂)                     
                               
                              ドミトリーの食堂        






4.11.15(月)ピピ島へ向けて

知らない人と相部屋ってどうなんだろう…?期待と不安を抱えまず一泊。超〜〜〜…たのし〜いっっ!!すぐに友達がいっぱいできて、話の流れでそこの何人かと、そして下北の友達と「ピピ島」へ行く事に決定〜!
              
    いざ、ピピ島へ出発

                                                              ページTOPへ





4.11.16(火)ピピ島到着・ワーッきれい♪

バンコクからバス&船で、待ち時間含め約20時間もかかって、やっとピピ島に到着〜!

ここが本島からちょっと離れた島、ピピ・レ島です!「ビーチ」の舞台になってた浜辺。「本物だ〜〜〜♪」


ピピ本島

ピピ・レ島

ピピ島名物(?)ファイヤーショー!!ポイ(紐とかチェーンの先におもりがついてて、回しながら技をするやつ)とか、スティックの先に火をつけて回しまくるんです!一番前で見てたら、回してる人の手がすべってゴウゴウと燃えてるスティックが私の目の前に…(>_<)あと20cm近かったら、私も一緒に燃えてたわ〜。

海の中のベンチからもショーが観れる。ここも結構特等席♪(ここも火が飛んでくる可能性あり。)(右)


スティック

ポイ

海中特等席

この日の夕食はここのお店でバイキング♪肉や魚介のバーベキューや寿司、酢豚、サラダ、デザートなどなどの食べ放題!
ピピは少し物価が高めなんだけど、それでも199バーツ(600円弱)くらいで超豪勢〜!(となりの子は現在インドを旅してるゆきちゃん★)

                   
                 ゆきちゃんと






4.11.17(水)いざっ・シュノーケリング!

ピピ.レ島へシュノーケリングへ!!初のシュノーケリングにドキドキ(>_<)最初は一応浮きをつかんで泳いでたんだけど、全然怖がる事なかったな…。(左)

まずはこの辺で泳ぎました〜。海の中の世界にカンゲキ〜〜〜!こんな世界もあったなんて。写真でしか見たことない熱帯魚の群れや、まるで見たことない生物と戯れながら、時間を忘れてしまった。(中)

みんなシュノーケリング&ダイビングに大満足〜!綺麗な海に囲まれ優雅なクルージングしながら、もう最っっっ高ぉぉぉぉ〜!今度はダイビングしたいな♪(右)


シュノーケリングへ

きれいな海で

素適なクルージング





4.11.18(木)地獄の階段の先は?

ピピ.レ島から帰ってきて、今度はピピ島が全貌できる山の上の Vew Pointへ!地獄の階段と言われる長〜〜〜くて超急な階段を、頑張って頑張って頑張って!登った先には…。
まさに最高のVew!超ーーーーーー絶景!! でも…、デジカメを忘れた(ToT)インスタントカメラでは撮ったんですけど。機会があったらお見せいたしますm(_ _)m

・・・かわいいでしょ♪・・・

最終日、昼ごはん食べてる時に、すっごいかわいい男の子発見!テレビの音楽に合わせてドラム叩くまねっこしてて、あまりにもかわいかったのでナンパしてしまいました♪

あっかわいい!

うちとけてパチリ






4.11.19(金)ホントは秘密・ヒミツにしたかった!

ピピ島を惜しみながらバンコクへ帰り、また「旅人食堂」へ。その夜カオサンの露店でおじさんが吹いてた竹のサックスを、どーしても欲しくて売ってもらった。

・・・おニュー楽器になるかもね♪演奏はタイの人?です

そのおじさんが手作りで作ってるらしいよ。早くライブで披露したいです♪

               
              バンブーサックス






4.11.20(土)ミニライブもやったよ! ぽい!

またまたみんなでロッジの屋上で久々の宴。この日はゆきちゃんがロッジLAST DAYだったので、ロッジの曲をつくってミニライブでみんなに披露しました!(左)

これがファイヤーショーでもやってた「ポイ」。私も買ってきちゃった♪難しいのよ、これが…。彼は「ポイ」&「スティック」の達人、たけさん!
(右)

         
       屋上ライブ

ポイの芸

                                                        ページTOPへ




4.11.22(月)タイの(歓楽街)探訪です。

タニヤっていう所は、日本人のおじ様達がよくかよう、日本でいう銀座の高級クラブ街で、でも、私もおじ様達の仲間入りしたかったんだけど、行ったのが残念ながら昼間だったので、夜にまたこの辺を探りに来るぞ〜!と心に決めつつ、カオサンに帰ったのでした…。昼のタニヤの活気あふれる屋台風景。

タイのマックは、ドナルドくんがワーイ(合掌)をしてるんだよね。しかも、顔がちょっとこわい…。

タニヤの街

昼の屋台風景

合掌ドナルド

・・・いよいよ夜になって♪・・・

ソイカウボーイという「ゴーゴーバー」がいっぱいあるとこ。ゴーゴーバーって、こっちでいうストリップ劇場がいっぱいあるとこです。でも、そこはあまり刺激がなく、パッポンという有名な歓楽街にもはしごして行っちゃいました

パッポンでは、新宿歌舞伎町や六本木以上のかわいい子が、熱海とか温泉街によくあるストリップ劇場でやってる芸(わかる人はわかる!わからない人は、勉強してください。)をやってて、そんな芸を観れて、ビールも飲めて、60バーツ(180円弱)。男の人はほんとオススメ…。

ソイカウボーイ

パッポンの夜

・・・遊び疲れて・・・

宿に帰ってきたら、今日はなんと仲良しみんなで日本鍋を用意して待ってて(?)くれた。久々の豆腐と白菜とか、白身魚とか…、ポン酢でいただく超豪華な鍋。ほんっと感動!おいしかったし、楽しかったー!

ジャパニーズ鍋

仲良しこよし

例の、旅人食堂こと、「TRAVELERS LODGE」の、右がオーナーの荒畑さん。左が総合ドミ長(?)のけいさん
マンゴスチンとランブータンっていうタイの果物。すっごいおいしいんだけど、日本に持ってくるのが禁止されてるらしいの(>_<)でも、おいしかった〜!(左ランプータン・右マンゴスチン)


ドミ長&オーナー

禁断の果実めしあがれ!






4.11.23(火)最後の日・・・
ラストDAY、チャイナタウン。あんまおもしろくなかった…。でも、この直前に行った、でっかい病院内にある死体ミュージアムは、写真は載せられないけど、すごく心が痛くなりました…。日本では公開できないようないろんなものが……。

ロッジの仲間がみんなで見送ってくれました〜!ほんとに帰りたくなくなったよ。みんな、ほんっとに最高の仲間です!!!!!


チャイナタウン

仲間たち







4.11.24(水)さあ、いよいよ帰国。

空港までは、インドまで行くトムくんと、ラオス帰りのよしかちゃんと、タクシーで。タイですっごくお世話になり仲良くしてくれたタイ人の友達、Jirathidecha Bhukkaman(日本名:永一郎)も、わざわざ空港まで見送りに来てくれたよ〜!ありがとう!!ほんと、みーーーーんなのこと忘れません!


空港にて





・・・・・あとがき


と、まあそんなこんなの、わたしの海外放浪記でした。ほんとーっに楽しかった! でも遊んでばかりでなかったよ。
曲も詩もいっぱい出来たしおニュー楽器もみつけたし、それなりに成果があった旅でした。
これからライブで新曲もいっぱい歌うし、おニュー楽器もそのうち披露するんで皆んなで来てねぇー♪

でもこの楽器でかい音するから練習たいへんだぁーー!

最後に旅の中で作った詩でこのページを閉じましょう。

TRAVELERS(トラベラース)

風にユラリこの身まかせ辿り着いた 見知らぬこの街の片隅

何故か妙に懐かしい匂いがした 僕等はこの場所で出会った

ちっぽけな僕は 何故にあんなに 時の流れにおびえてたこんなにも穏やかな自分気づかず

もう少しこのままでもう少しここにいたい 人の気も知らずまた日は沈んでゆく
探してる答えはまだ まだ見ぬ広い世界 僕等今遥か旅路の途中で

ちっぽけな僕は 意味の無い不安 抱え心泣いていた 狭い空と超高層ビルの下で

もう少しこのままで もう少しここにいたい 人の気も知らずまた日は沈んでゆく
いつかまた会えますように 流れ星願い乗せた 二度ともう戻らぬ一瞬にありがとう

今宵浮かべた 月は半月 旅人の空は まだまだここから続く・・・

風にユラリ この身まかせ辿り着いた 僕等はこの場所で出会った・・・

                                                  ・・・おしまい・・・


 マミヨ写真集へ                       ページTOPへ