作詞者:MAMIYO 作曲者:MAMIYO
sample by jetrobot

@[理由]sample

止めどなく 止めどなく 止めどなく
あの歌が 今も溢れてる
本当は私 寂しがり屋だから
きっと誰かに認めてほしいから
少しでも嬉しいこと 見つけたいから
痛いトコつかれて くやしいから

毎日が同じじゃつまらないから
もっと誰かを喜ばせてあげたいから
もっともっと明日はいいことがありますように
今日のうちにそっと涙はぬぐっておきましょう

ひっそりと咲いてる 道端の白い花
広い空を見上げては
誰かの為に歌うのでしょう

果てしなく 果てしなく 果てしなく
続く道 今も歩いてる
ありのまま ありのまま ありのまま
感じながら 今を生きている 

本当は私 寂しがり屋だから
きっと誰かに声かけてほしいから
空が青くて 気持ちがいいから
あなたのことが 大好きだから

止めどなく 止めどなく 止めどなく
あの歌が 今も溢れてる
いつかまた いつかまた いつかまた
懐かしく 今を思い出す

果てしなく 果てしなく 果てしなく
続く道 今も歩いてる
ありのまま ありのまま ありのまま
感じながら 今を生きている 

Da Da Da Da ・・・・・


A[あなたの森]sample

なにげない言葉の節々で突き刺さるトゲの数を
ひとつずつ数えてるうちに 迷い込んだ森の中

冷たい夜に溺れ墜ちていきそうな私の足元を
いつのまにか柔らかく 照らしてた月は遠い

何故に他の誰かじゃいけないの?
知ってるなら どうか教えて

あぁ あなたの森よ もっと深くまで私をさらってよ
あぁ 月は笑っても 私は歌うこの声が渇れるまで

もう 他の誰かじゃ歌えない
嘘でもいい どうか答えて

あぁ あなたの森よ もっと耳元で溶けるほど囁いて
あぁ 月が隠れたら 強く抱きしめてカタチはいびつでも

あぁ 愛しき人よ あなたが望む全てをあげましょう
あぁ 月は笑っても 私は歌うこの声が渇れるまで

なにげない言葉の節々で突き刺さるトゲの数を
胸に刻み込んだまま 抜け出せないあなたの森


B[お月様が泣いた夜に・・・]sample

決してあなたのこと嫌いになったわけじゃない
でも 昔ほど感じない この肌
そんな顔しないで 胸が 胸が痛むよ
わがまま 身勝手なわたし
許してなんて言わないから

お月様が泣いた夜に
過ぎた日々は甘い夢のように
わたしを憎んでもいいから
せめて どうかしっかりと生きていてね

あなたの髪 あなたの声
  あなたの指 あなたの顔
あのやさしさ あのぬくもり
 あなたの事 あなたの全部

忘れてしまうには 少し長すぎたけど

いつかあなたが誰かを愛し
そしてこの瞬間が青い砂に変ってゆく
ほんとはもう一度触れてみたい
そんな弱さ見せないで

            ★ repeat
            ☆ repeat

あなたがくれた あの日の言葉
あの日の痛み あの日の二人
嘘じゃないよ 嘘じゃないよ
消せはしないよ 忘れないよ

マミヨの心へ                 ページTOPへ